Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュースApple Music「J-Pop Now Radio」にindigo la End登場!

Apple Music「J-Pop Now Radio」にindigo la End登場!

2021.02.17

Apple_Music_J-Pop_Now_Radio_indigo_la_End.jpeg
本日2月17日に公開となった「J-Pop Now Radio」のエピソード15に、結成10周年を迎えたindigo la Endの川谷絵音(ボーカル/ギター)と長田カーティス(ギター)がゲストとして登場した。
 
DJの落合健太郎は、約1年4ヶ月ぶりのアルバム『夜行秘密』について、川谷と長田に様々な質問を投げかけた。
 
川谷はコロナ禍での制作となったニュー・アルバムについて、「いつもはライブをやりながら曲作りをするんでフィードバックがある。今回はそれがないため逆に曲に集中できた。脳みそが”ライブ脳”になったままレコーディングをいつもしているんで、頭が切り替わってそれはそれでいい経験だった」と振り返った。長田は、「余り外に出る時間がなかったので、音楽と向き合う時間が純粋に増えて新しいサウンドを見つけることができ、凄く貴重な経験だった」と語った。
 
お互いをどう思っているかという質問に、長田は川谷について、「皆さんよく天才とかそういう表現をする。でも、一言で天才と言ったら申し訳ないぐらいの努力家だと思う。色んなインプットを持っていて、その分たくさんアウトプットする。曲を作る量とかも普通の人では考えられないぐらい」とリスペクトを込めて語った。一方、川谷は長田について、「贔屓目に見てる訳じゃないが、こんなにギターがいいなって思うバンドが最近全然いない。やっぱ長田くんのギターは異彩を放っている。今の音楽の中でこんなに耳に残るギターはない」と、長田のミュージシャンとしての際立った才能を語った。
 
なお、Apple Musicのindigo la Endのアルバム『夜行秘密』のページでは、読み物としてのインタビューも公開されている。
 
また、「J-Pop Now Radio」は注目のニューリリースから話題のヒットソングまで、絶えず変化を続けるJ-Popシーンのイチオシ作品をピックアップするプレイリスト「J-Pop Now」と連動しており、ラジオ番組と併せて聴くことでさらに深い音楽体験を楽しむことができる。
 
Apple Musicのラジオは、世界規模で独占公開されるオリジナルコンテンツ、音楽カルチャーをリードする番組を提供し、世界最多のリスナー数を誇るラジオステーションのひとつに成長した。ニューヨーク、ロサンゼルス、ナッシュビル、ロンドンのスタジオから、Zane Lowe(ゼイン・ロウ)を筆頭に、様々な人気DJが番組をお届けし、また、ビリー・アイリッシュ、エルトン・ジョン、フランク・オーシャン、ザ・ウィークエンド、レディー・ガガ、ナイル・ロジャース、トラヴィス・スコットなどのアーティストがナビゲートする番組も公開している。2020年にはフランスとドイツから発信される番組もスタート。そして、2020年10月には日本発の番組として「J-Pop Now Radio」が公開となり、これまでに米津玄師、福山雅治、King Gnu、LiSA、ヨルシカらがゲスト出演。グローバルなプラットフォームを提供し続けている。
 
Apple Musicのラジオは、iPhone、iPad、iPod、CarPlay、Apple Watch、Apple TV、Mac、HomePod、music.apple.com/jp のウェブサイトなど、Apple Musicを視聴できればどこでも楽しめる。また、Siriに「J-Pop Now Radioを再生して」と話しかけて聴くこともできる。
 

このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻