Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース孤高のMC"般若"初のドキュメンタリー映画『その男、東京につき』の本編映像が解禁!

孤高のMC"般若"初のドキュメンタリー映画『その男、東京につき』の本編映像が解禁!

2020.12.17

孤高のMC “般若”初の長編ドキュメンタリー映画『その男、東京につき』が12月25日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国公開される。この度、その本編映像が解禁となった。
 

東京・三軒茶屋。渋谷からほど近い、様々な文化がせめぎ合うこの街から一人の偉大なラッパーが生まれた。

彼の名は、般若。
時代や流行に流されることなく、日本語によるラップにこだわり、その独特なリリックは多くのファンだけでなく、日本のヒップホップシーン、そして音楽シーンに大きな影響を与えてきた。
 

SUB2_Hannya-movie.jpg

しかし、その背後にはこれまで多くを語られなかった壮絶な過去があった。
いじめ経験、音楽との出会いとジレンマ、自殺をも考えた壮絶な過去。
いくつもの困難に行先を絶たれても書くことそして歌うことだけは辞めなかった。
どん底から拾い上げた言葉は多くのファンを魅了し続け、ついに武道館ワンマンライブを成功させた。
 

SUB3_Hannya-movie.jpg

今まで語られることの無かった父への想い、大きく変わった世の中の状況、今後の想いを彼はカメラに向かって話し始めた。
また、Zeebra、AI、t-Ace、R-指定、T-Pablowほか豪華アーティストのほか、特別友情出演として長渕剛が般若を語る。
般若の有言実行を貫く姿勢はHIP HOPというジャンルの枠を越え、全ての悩んでいる人々にぜひ鑑賞していただきたい作品だ。
 

SUB4_Hannya-movie.jpgSUB5_Hannya-movie.jpg

この度到着した映像では、般若が鋭い眼差しでHIPHOPとの衝撃の出会いを振り返る。
高校の文化祭のときに、隣のクラスの女子がライブをやっていたのが、HIPHIOPとの出会いだったと語る般若は「人生のなかのくらったもののなかの上位に入るくらい衝撃的で、そこからですね、ラップの道に入って行ったのは。何も俺は分かってない状況でした」と、ラップを始めたきっかけを告白。
「とりあえずやり方を教えてもらって始めてみて、いまだに日本語すら怪しい気もするんですけど、英語もわかんないし、日本語でやってましたね」と冗談を交えつつ、ちょうどその頃から日本語ラップのブームが始まり出したと当時のことをふり返る。
 

SUB6_Hannya-movie.jpg

今や確固たる地位を築いた般若。そんな彼の人生を変えたHIPHOPとの出会いに注目していただきたい。

商品情報

その男、東京につき

出演 般若
Zeebra AI t-Ace R-指定(Creepy Nuts) T-Pablow (BAD HOP) BAKU  長渕 剛(特別友情出演)
監督・編集 岡島龍介
エグゼプティブプロデューサー 福井靖典 松本俊一郎  撮影監督 手嶋悠貴
製作 A+E Networks Japan
制作 A+E Creative Partners
協力 昭和レコード
配給 REGENTS
配給協力 エイベックス・ピクチャーズ
©️2020 A+E Networks Japan G.K. All Rights Reserved
12月25日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

【STORY】
ヒップホップでなく、般若と言うジャンルを貫いた。
本質から湧き上がるリリックで多くのファンを魅了してきた般若の長編ドキュメンタリー映画。
いじめを経験し、音楽との出会いとジレンマ、自殺をも考えた壮絶な過去。
いくつもの困難に行先を絶たれても書くことだけは辞めなかった。
どん底から拾い上げた言葉は多くのファンを魅了し続け、ついに武道館ワンマンライブを成功させた。
今まで語られることの無かった父への想い、大きく変わった世の中の状況、今後の想いを赤裸々に語ったドキュメンタリー。
新たな進化を遂げる般若を目撃せよ。

関連リンク

このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
下北沢シェルター30周年
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻