Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュースChar、原田真二、世良公則、甲斐バンド、ゴダイゴ、影山ヒロノブなど...『昭和40年男』12月号特集は「日本ロック元年」!

Char、原田真二、世良公則、甲斐バンド、ゴダイゴ、影山ヒロノブなど...『昭和40年男』12月号特集は「日本ロック元年」!

2020.11.11

51UAweoA9BL.jpg
 
昭和40年生まれの男性向けに、 ピンポイントで“刺さる”コンテンツを満載した年齢限定マガジン『昭和40年男』。 2020年 11月11日(水)には、 vol.64となる12月号を発売する、 毎号、 大ボリュームでお届けしている巻頭特集は、 1978~79年を中心とした「あの日、 俺たちは覚醒させられた― 日本ロック元年」。 まさに憧れのロックスターたちが続々と誌面に登場。
 

巻頭特集は「日本ロック元年」

昭和40年男たちが中学に入学した1978年。 もうガキじゃないゼと色気づいていった時代に魅了されたのが、 ちょうどその頃に “テレビから聴こえてきたロック” 。 はっぴいえんどなど前の世代での実験を経て、 日本語によるロックも自然なものとして成立し、 次々と現れたカリスマ性あるスターたちがお茶の間にも進出。 昭和40年男もテレビを通じて彼らと出会い、 ロックに目覚めていったのだった。 今回の特集は、 そんな1978年を昭和40年男にとっての 「日本ロック元年」 として、 そこからの成長の日々をたどっていく。
 
まずは、 小学生の頃からのロックマニアで、 当時のニューウェイブ・シーンの一翼を担ったサエキけんぞうさんが登場。 ロックとテレビの関係性を俯瞰した序文を寄せている。
 
その後の特集本編は4部構成となっており、 【part 1_1978】「胎動の年」 には、 Char さん、 世良公則 さん、 原田真二 さん、 リューベン さん、 影山ヒロノブ さんと、 当時のシーンをリードした錚々たる面々が登場し、 それぞれインタビューにお応えいただいています。 さらに 【part 2_1979】「動乱の年」 では、 甲斐バンド 、 ゴダイゴ を取り上げ、 ミッキー吉野 さんも登場。 【part 3】「百花繚乱」 では、 ダウン・タウン・ブギウギ・バンド や、 アン・ルイス さんなど、 さらに花開いていった当時の日本ロックシーンの多彩な展開を紹介。
 
そこでまだまだ終わらず 【part 4】 「エトセトラ」には、 連載特集「夢、 あふれていた俺たちの時代  昭和47年」にも登場する 西城秀樹 さんのサポートを務めた SHŌGUN のギタリスト・ 芳野藤丸 さん、 「仁義なき不良ロックの衝撃!」では 矢沢永吉 さんや クールス などを紹介しつつ、 クレージーケンバンドの 横山 剣 さんも登場。 「少女の視点」では 森若香織 さんがデビュー前のロック少女時代を語り、 当時の状況をこれでもかと掘り下げ、 浮かび上がらせる。
 
さらに今回は、 現在開催中の展覧会 「DOUBLE FANTASY - John & Yoko」 にあわせ、 ジョン・レノン特集 も掲載。 ズバリ “タメ年” の昭和40年男・ 奥田民生 さんが登場し「お手本であり、 憧れだった」というジョンについて語る。 ロックマインドを忘れない昭和40年男世代なら必読。
 
『昭和40年男』2020年12月号/vol.64 CONTENTS
※こちらのWebページでも誌面サンプルを公開中です

連載企画も充実

毎号ある一年にスポットを当て、 その年のトピックスを“再検証”している 連載特集「 夢、 あふれていた俺たちの時代」 では、 昭和40年男が小学校に入学した7歳の年、 昭和47年(1972年) をフィーチャー。 パンダのカンカン&ランラン 、 『ウルトラマンA』 、 西城秀樹デビュー 、 新日本プロレス設立 などを取り上げている。 ピッカピカの一年生時代の記憶がよみがえるはず。
 
また、 ご好評いただいている 連載インタビュー企画 には、 『俺たちの旅』でのオメダ役が印象深い 田中 健 さん、 「帰ってこいよ」の大ヒットで知られる 松村和子 さん、 大洋ホエールズで活躍した 山下大輔 さんが登場。 こちらもどうぞお楽しみに。とにかく今回も内容てんこ盛り!の『昭和40年男』12月号/vol.64。 ぜひお手に取ってご覧を。
 

『昭和40年男』2020年12月号/vol.64 誌面紹介

巻頭特集/日本ROCK元年 <part1_1978「胎動の年」>
「日本のロックがマイナーだったのが不思議だった。 」
 
unnamed.jpg
 
世良公則 |中学生になった俺たちの前に彗星のごとく現れたヒーローがいる。 そう、 世良公則だ。 サラサラの長髪をなびかせ、 野太いボーカルで歌う新世代のロックスター。 そのカッコよさに憧れてバンドを始めた昭和40年男も多いはずだ。 「ロック元年」を象徴する我らが世良さんが本誌に5年ぶりの登場。
 
巻頭特集/日本ROCK元年 <part2_1979年「動乱の年」>
テレビ、 ライブ、 ラジオで魅了した“ロック界の新たなHERO”
 
unnamed-1.jpg
 
甲斐バンド|1974年にデビューした甲斐バンド。 フォーク、 ニューミュージックが全盛だったこの頃、 ライブそしてラジオで若者たちの人気を集め、 79年「HERO (ヒーローになる時、 それは今)」で輝けるスーパーヒーローになる。 
 
巻頭特集/日本ROCK元年 <part2_1979年「動乱の年」>
創造力とエンターテイメント性。 あふれるオリジナリティ
 
unnamed-4.jpg
 
ゴダイゴ |「ガンダーラ」「モンキー・マジック」をはじめ、 次々とヒット曲を飛ばしていったゴダイゴ。 エンターテイメント性に富んだ作品のなかに高い技量とセンスを匂わせていた彼らは、 まだガキだった俺たちの耳を“無意識のうちに”肥やしてくれた。
 
巻頭特集/日本ROCK元年 <part4「エトセトラ」>
いとしのBad Boys
 
unnamed-2.jpg
 
仁義なき不良ロックの衝撃!& 横山 剣|ムズカシイことは言わない。 魔死愚裸 (まっしぐら) こそ不良の本分なのだ。 バッドボーイ・ロックンローラーたちはテレビ出演をいとわなかった。 「私の場所ではない」などとは考えなかった。 そんな姿に、 今も永遠の忠誠を誓う。
 
夢、 あふれていた俺たちの時代 昭和47年
いまだかつてないアイドル誕生 スポットを浴びたワイルドな17歳!
 
 
unnamed-3.jpg
 
西城秀樹 デビュー|長髪の似合う男っぽい風貌に長い手足、 派手なアクションを伴う絶唱型のボーカル。 俺たちが少年時代に出会ったヒデキはすべてがカッコいい、 憧れの存在だった。 日本中に衝撃を与えた訃報から2年半。 不世出のスターを支えたスタッフがその魅力を語り尽くした。 
 
特集/JOHN LENNON.
昭和40年男 奥田民生、 ジョン・レノンを語る。
 
unnamed.jpg
 
ジョン・レノンがこの世に生を受けて80年、 ビートルズの解散から50年、 そしてジョンの不慮の死から40年が経つ。 すっかり歴史の一部になった人物だが、 今もジョンの魂は人々の心に突き刺さる。 昭和40年男を代表するミュージシャン、 奥田民生にジョンの魅力を聞いた。
 
インタビュー/ガツンとひと言。 兄貴の説教
「『あなたがいたからよかった』と言われるような人になりたい。 」
 
unnamed-1.jpg
 
田中 健|ドラマ『俺たちの旅』や映画『青春の門』などの名作で、 昭和40年男にとっても幼少の頃からなじみの深い名優・田中 健が本誌初登場! やさしい笑顔と穏やかな語り口で役者人生を語るとともに、 昭和40年男へのこれからの人生のヒントとメッセージをもらった。

商品情報

『昭和40年男』2020年12月号/vol.64 

11月11日(水)発売、 定価780円(税込)。 (表紙写真:原田真二/写真提供:近代映画社)

amazon

このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻