Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー原田琥之佑(俳優)- 映画『サバカン SABAKAN』自分を預けられると思えた

映画『サバカン SABAKAN』自分を預けられると思えた

2022.08.17

 青春少し前の少年二人がひと夏の冒険で少し成長する姿を描いた『サバカン SABAKAN』。日本ジュブナイル映画の新たな名作に出演者の一人として竹本健次役を演じた原田琥之佑。映画初出演とは思えないスクリーンのなかにいる自然な姿。どのように今作に挑戦したのか、本作への想いとともに本人に語ってもらった。
[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

竹本は僕だなと感じました

メイン1re.jpg
――原田(琥之佑)さんは演技を披露するのも初めてということですが。
 
原田琥之佑:はい、初めてでした。
 
――初演技の作品でしたが、大抜擢ですね。
 
原田:自分でもビックリしています。新しいことに挑戦しようということでオーディションのお話をいただいたので、落ちて当たり前だから一度経験してみようくらいの気持ちだったんです。なので、合否に関してしはそれほど気にはしていなかったのですが、「映画の件だけど、受かったよ。」と連絡をもらったときは、まさかと思って聞き直したくらいでした。
 
――普通はそうですよね。『サバカン SABAKAN』で描かれている時代は原田さんが生まれる前の話で、家庭環境も兄妹が多い点や母子家庭という点で違う部分もありますが、脚本を読まれて竹本(健次)のキャラクターをすんなりと受け止めることができましたか。
 
原田:台本を初めて読んで竹本は僕だなと感じました。長崎弁など違う部分はありますが、不器用なところや喧嘩早いところ・口が悪いところ、でも本当は素直になりたい・友達になりたいれけれど強がってしまうところは似ているなと思いました。なので、思ったより役作りの苦労はなかったです。
 
――普段の原田さんに近いから映画の中でも自然な姿だったんですね。撮影に入るにあたって金沢知樹監督とお話しされたことはありましたか。
 
原田:「竹本はこの物語のカギを握る役だから。」と伺いました。僕がすんなりと役に入れたことに関しては「できて当然。」とおっしゃってましたね。
 
――オーディションの時に原田さんを見て竹本がやってきたと感じられたんですね。
 
原田:そうだったらいいですね。
 
――金沢監督はどんな方ですか。
 
原田:凄い接しやすい方です。子供みたいなところもあって、大人と一緒にいるという感覚はすくなかったです。すごく優しい方でした。
 
――優しい親戚のおじさんみたいな感じですかね。
 
原田:そうですね。
 
――本当にいい関係性・チームで制作を進められたんですね。
 
原田:はい。初めての映画だったのでとてもありがたかったです。

自然体でいることができました

サブ7re.JPG
――主役である久田(孝明)役の番家一路さんとお話されたことはありましたか。
 
原田:撮影に入る前に稽古3割・お話7割みたいな感じのリハーサルの時間が何度かあったんです。そこで一路くんと仲良くなれていいコンビになれました。
 
――原田さんは竹本と自分が似ていたとのことですが、番家さんは久田と似ていましたか。
 
原田:はい、似ているなと感じました。久田はちょっと抜けてて、それでいて太陽みたいに明るい男の子じゃないですか、そんなところが似ています。現場では一路くんの明るさには本当に助けてもらいました。僕は初めての演技ということで凄く緊張して、怖かったんです。そんな時に一路くんから「やべぇ、緊張する。」と笑顔で声をかけてもらえて、その笑顔を見て緊張がほぐれました。
 
――やはり緊張されたんですね。
 
原田:全てが初体験なので、凄く緊張しました。緊張を乗り越えられたのは一路くんをはじめとしたみなさんに支えてもらったおかげです。最初の一歩を踏み出せたのでここまで来たらやるしかないと思い、緊張しながらも頑張りました。金沢監督も常に話しかけてくれて緊張をほぐしてくれたので、徐々に怖さもなくなりました。
 
――これが本当に映画初出演・初演技とは思えなくらいの堂々とした姿でしたよ。
 
原田:ありがとうございます。
 
――久田と竹本は最初それほど仲良くなく、冒険を通して二人の関係性がつくられていきます。原田さんと番家さんはスグに仲良くなられたとのことですが、映画の中でその関係性をリセットして改めて仲良くなっていくのは大変ではなかったですか。
 
原田:大変ではなかったです。作中で喧嘩するシーンもありますが、仲が悪くなったときは無視する雰囲気を出せればいいなと思ったんです。具体的には目をそらすしぐさをすれば仲良くない雰囲気が出ると思ったので、喧嘩をしていたシーンでは久田と目を合わせないようにしました。その時の関係性や感情は久田と竹本との距離感で出すようにしました、喧嘩のシーンも含めて大変だったなと思うことはなかったです。
サブ8re.jpg
――そういうことを掴めているのが凄いですね。本当に演技の勉強はされていなかったのですか。
 
原田:しいて言えば学芸会くらいで、演技の勉強は全くしていないです。
 
――普通の人と変わらないのに、そこに気づいて実践しているのが凄いですね。現場で皆さんにアドバイスを聞いたり・受けたりしたのでしょうか。
 
原田:もちろんほかの俳優のみなさんやスタッフさんに助けてもらいました。金沢監督からは長崎の方言としてこの言い回しの方がいいといったアドバイスもいただいて、たくさん助けてもらいました。すんなりと演技できるわけがないと思っていたのですが、みんなが本当に優しく・接しやすいかたたちだったので、自分を預けられると思えたんです。皆さんのおかげで自然体のままでいることができました。
 
――映画を経験されていかがでしたか。
 
原田:演じる側もとても面白かったですが、スタッフのみなさんを間近で見られたのは貴重な経験でした。スタッフのみなさんの仕事を見て、監督もやってみたいという気持ちが湧いています。
このアーティストの関連記事

『サバカンSABAKAN』

金沢知樹(著)
発行: 文藝春秋
発売日:8月10日
価格: 1200円+税

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

映画『サバカン SABAKAN』
★fix2 修正版★本ビジュアルre.jpeg
2022年8月19日(金)全国ロードショー
 
=キャスト=
番家一路 原田琥之佑 尾野真千子 竹原ピストル
村川絵梨 福地桃子 ゴリけん 村倫太郎(WATWING)
茅島みずき 篠原篤 泉澤祐希
貫地谷しほり 草彅剛 岩松了
 
=スタッフ=
監督:金沢知樹
エグゼクティブプロデューサー:飯島三智 小佐野保
プロデューサー:佐藤満 高橋潤
脚本:金沢知樹 萩森淳
音楽:大島ミチル
音楽プロデューサー:丸橋光太郎
ラインプロデューサー:福田智穂
監督補:小川弾
撮影:菅祐輔
照明:渡邊大和
録音:田辺正晴
美術:岡田拓也
装飾:佐藤孝之
衣裳:松下麗子
スタイリスト:細見佳代
ヘアメイク:永嶋麻子
スクリプター:外川恵美子
助監督:新谷和弥人
制作担当:林みのる
編集:河野斉彦
制作プロダクション:ギークサイト
主題歌:ANCHOR「キズナ feat. りりあ。」(VIA / TOY'S FACTORY)
 
撮影協力
長与町 時津町 西海市 島原市/長崎県フィルムコミッション
助成:文化庁/文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会
宣伝:モボ・モガ
配給:キノフィルムズ
製作:CULEN ギークサイト
 
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻