Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー城定秀夫(監督) -映画『女子高生に殺されたい』日々発見しながら一緒に作っていった

映画『女子高生に殺されたい』日々発見しながら一緒に作っていった

2022.03.30

 古屋兎丸原作の『女子高生に殺されたい』、古屋兎丸ワールド全開の今作がまさかの映画化。タイトル通りの超特殊な願望を持つ東山春人とそれを取り巻く歪んだ世界にまっすぐに対峙し撮られた本映画。監督をされた城定秀夫に撮影時のコダワリについて伺いました。
[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

難しい題材だなと思いました

「女子高生に殺されたい」メインre.jpg
――古屋兎丸先生原作の映画『女子高生に殺されたい』の監督を受けられた経緯を伺えますか。
 
城定(秀夫):日活の方からお声掛けをいただいたのがキッカケになります。原作はお声がけいただく前から知っていました。実は『女子高生に殺されたい』の連載中に一度、他の会社から「映画化しないか」というお話を頂いたことがあるんです。その時はまだ完結していないということもあり実現には至らなかったのですが、改めてお話をいただき再挑戦させていただきました。
 
――最初に原作を読まれた際に感じられたことを伺えますか。
 
城定:難しい題材だなと思いました。古屋先生の作品は大学時代から他の漫画も読んでいましたが『女子高生に殺されたい』は監督のお話をいただいてから読んだので、純粋に楽しめないところはありましたね。話の盛り上がりをどこにするか、映像作品にするにはどうしなければいけないか、独特の古屋節を壊してはいけないと、制作するという目線を持ちながら読みました。いちファンとして読んだらもっと気楽に楽しめたのかなとも思います。
 
――映画化に当たって古屋先生とお話しされたことはあったのでしょうか。
 
城定:脚本づくりの際はメールのやり取りだったのですが、これだけ思い切ったことをしていいのかはお伺いしながら脚本を作っていきました。直接お会いしてという段階になった際はとても緊張しましたが、古屋先生から「素晴らしい脚色です」と言っていただけたのでとても嬉しく思いました。
 
――映画化に際して思い切ったことをやられたとのことですが、その点について伺えますか。
 
城定:脚本づくりの初期のころに日活のプロデューサーから映画化に際しミステリー調にして、登場人物を増やして誰をターゲットにしているのか分からない雰囲気にしないかというアイデアをいただいたんです。それを元に脚本づくりを進めていきました。
「女子高生に殺されたい」サブ5re.jpg
――映画ではキャラクターが増えて群像劇の色が原作よりも強くなっています。各キャラクターのバランスのとり方も人数が増えたことで変わってきた部分もあるかと思いますが、脚本づくりの際に心がけたことがあれば伺えますか。
 
城定:この物語全体が(東山)春人という1人の変態が作り上げた世界で、そうするために選んだ舞台・生徒たち・世界なんだという事を意識しました。春人が最後の願望を逆算して大勢の生徒の中から誰を選ぶだろうと、春人の気持ちに乗っかって作っていきました。

作ってきてもらったものを受け取る

――春人役の田中圭さんの演技が凄かったです。どのような形で田中さんを選ばれたのですか。
 
城定:脚本づくりの終盤に田中さんが「この役をやりたい」と言ってくれているという話が来たんです。最初にそれを聞いたときは嘘だろと思ったんですけど、どうも本当らしくて。田中さんは爽やかな役も多いですが、脚本をつくっていた頃にやっていた『哀愁しんでれら』という映画での病んだ役柄が良いなと思っていたので、受けていただけるのであれば是非にとお願いしました。
 
――現場で役に関して田中さんとお話をされたことがあれば伺えますか。
 
城定:役に関してはそんなに話していないです。最初は探りながらやっていた部分もありましたが、途中からは田中さんの作って生きた役作りを見てこれが春人かと思い乗っかっていきました。あとはそれをどう切り取るかというのが僕の仕事だなと思いました。田中さんは話し合わなくても信頼できるなという安心感がありました。向こうも僕を信頼してもらえ委ねてくれましたし、凄くやりやすかったです。
 
――ほかのキャストの皆さんについても聞かせてください。佐々木真帆役の南沙良さんや小杉あおい役の河合優実さんはともに心に闇を抱えている役ですが、役作り・演出に際してどのようなお話をされましたか。
 
城定:二人は原作にいる役なので、原作のイメージを伝え、本読みで少し固めました。これを言うと僕があまり仕事をしていないように伝わってしまうかもしれないですが、そんなに役に関しては言わずに基本は任せていました。役作りに関して役者はプロなので、作ってきてもらったものを受け取るというやり方を僕は基本的にとっています。各々バラバラなことをやられてしまうとダメなので、そこを整える作業はもちろんしますがどう演じるか最初はお任せする形を取っています。南さんも河合さんも凄い役者なので何もいう事はなかった感じです。途中からはスタートをかけるだけでした。
「女子高生に殺されたい」サブ1re.jpg
――真帆の人格表現も原作からさらに膨らませた形ですごかったです。
 
城定:そこは難しい部分だったので、アクション部と話し合いながら演技を付けさせていただきました。ただ、それがなくても南さんは目の表情などは元からできていたので、さすがだなと思いました。
 
――原作から膨らませたキャラクターでもある、君島京子役の莉子さん、沢木愛佳役の茅島みずきさんはどのように演出されたのですか。
 
城定:京子と愛佳は脚本の上でこういうキャラクターが必要だろうと考えて出来上がったキャラクターなんです。莉子さんと茅島さんは今作で初めて一緒にやる役者さんだったので、実際に演じていただいてどうなるか最初は分からなかったです。この二人は実際に彼女たちに演じてもらって、日々発見しながら一緒に作っていった感じです。この二人に関してもこういうキャラクターだからだという事を押し付けるようなことは強くせず、脚本に描いてあることを読み取ってもらい、演じてもらって、あとはどう切り取っていくかということをしていきました。原作にはないキャラクターなのでどう物語に馴染ませていくかは現場でやっていきながらでした。
 
――そういう部分で解った・つかめたという部分はあったのでしょうか。
 
城定:言葉にするのはなかなか難しいですね。演技は水ものだと僕は思っているので、現場で演じてもらうことで見えてくる物があるなと僕は思っています。その中で、こういう子なんだと撮影していく中で気付いていき作っていきました。
「女子高生に殺されたい」サブ6re.jpg
――春人を止める川原(雪生)と(深川)五月についても伺えますか。
 
城定:この二人は原作にいるキャラクターですね。川原はまっすぐな役で細田佳央太さんはそれを本当に真っ直ぐに演じてくれました。五月は凄く複雑な春人に愛情を持ちながら止めようとするキャラクターです。春人を患者として見ている医者の眼もあり、恋人としての眼、生徒を巻き込みたくないという教師としての眼と複数の眼を持っている役を大島優子さんが見事に演じ切ってくださりました。
このアーティストの関連記事

新装版「女子高生に殺されたい」

古屋兎丸(著)
発行:新潮社
2022年3月9日 発売
価格:1,100円+税

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

映画『女子高生に殺されたい』

「女子高生に殺されたい」本ビジュアルre.jpg

4月1日(金)より劇場公開!

 
-Cast-
東山春人:田中圭
佐々木真帆:南沙良
小杉あおい:河合優実
君島京子:莉子
沢木愛佳:茅島みずき
川原雪生:細田佳央太
深川五月:大島優子 ほか
 
-staff-
原作:古屋兎丸「女子高生に殺されたい」(新潮社バンチコミックス)
監督・脚本:城定秀夫
音楽:世武裕子
製作:鳥羽乾二郎
エグゼクティブプロデューサー:福家康孝
企画・プロデュース:谷戸 豊
プロデューサー:柴原祐一
ラインプロデューサー:濱松洋一
撮影:相馬大輔
照明:佐藤浩太
録音:竹内久史
美術:黒羽陽子
音響効果:井上奈津子
制作プロダクション:ダブ
企画・配給:日活
 
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻