Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー井澤詩織(声優)- 「EDENS ZERO」純粋さを大事に

「EDENS ZERO」純粋さを大事に

2021.07.23

 宇宙を旅するシキたちの冒険譚を描いた真島ヒロ原作の『EDENS ZERO』。王道SF作品として好評を博している本作にて物語のキーを握るキャラクター"ピーノ"を演じられている井澤詩織さんに作品・役に対する熱い想いを語っていただきました。[interview:柏木 聡(LOFT/PLUS ONE)]

感じたままに可愛く

──ピーノは作中で一番成長しているキャラクターなので、個人的に裏主人公じゃないかと思っています。

井澤(詩織):ありがとうございます。確かに、伸びしろがあります。

──アニメ第11話のB・キューバ―を助けるシーンなどは「それは非効率的です。」というアンドロイド的な効率重視の考えでしたが、物語が進んで行くなかで学んでいって感情が豊かになっていく姿は観ていて楽しいです。そういう精神面では一番変化をしていくキャラクターだと思いますが、その成長をどうとらえて演じられているのでしょうか。

井澤:『EDENS ZERO』はアンドロイドの定義が特殊で、「アンドロイドやロボットにも心はある。」とシキが何度も言っているように実際に自分で考えて行動するというのがあるので、完全に無機質ではないと感じています。でも、人間が感じるほど細かい感情は解っていない、そういう形で演じさせていただいています。現場でも基本的には私の思うようにやらせていただいて。おっしゃっていただいたシーンを最初は突然バッサリ切り捨てるみたいな「何でですか。」みたいな感じで演じたんです。

──無機質な感じという事ですね。

井澤:そうです。無機質さを強めた感じで出したんですけど、その時は珍しくディレクションで「せっかくここまで物語を積み上げて寄り添ってきたのに急に切り捨てるのもあれだから。本当に純粋に理解できない。反対しているのではなく、なぜかが解らないという方向に寄せてください。」という事を言っていただいたので、「なるほど。」と思い、本番はもう少し人間らしさを出す形で演じさせていただきました。

──アンドロイドというよりも子供みたいなイメージですね。

井澤:はい。ピーノに関しては私もスタッフのみなさんも純粋さを大事にしています。ディレクションでは「解らないという方向」でと言われましたが、“知らない”という方がより正しい表現かもしれないですね。

──確か“知らない”という表現はしっくりきますね。ピーノ自体がメモリーを消去されてしまって過去の記憶がないので、経験がないですから。

井澤:もしかしたら、昔は知っていた感情かもしれないですね。

──現場に入られるまではピーノをどのように演じようと考えられていたのでしょうか。

井澤:最初は、ロボットっぽいしゃべりにするのか、もう少しナチュラルにするのか、そこで悩みました。そういう意味では、表現方法に選択肢がある感じでしたね。

014_01.png

──四皇星よりアンドロイドっぽさが出ているキャラクターですから、そういう点でもどう表現するかは確かに悩む点ではありますね。

井澤:今の可愛らしさを意識する演じ方は真島(ヒロ)先生がきっかけになっています。

──そのきっかけというのは。

井澤:真島(ヒロ)先生が単行本4巻のあとがきでピーノはお気に入りのキャラクターと仰っていて。先生のTwitterでも度々ピーノをアップされているので、それを見て「ピーノは先生の大事なキャラクターだからここは可愛らしくいこう。」と思い、テクニックを駆使するより感じたままに可愛くやった方がいいと考え演じています。

──アンドロイドではなく、本当に生きている存在という事を意識されているという事ですね。放送された第12話でもあった、「ピーノはエデンズの光となる存在」。物語のキーになるキャラクターですが、これからの更なる成長も見据えていらっしゃる形で。

井澤:ピーノは早くに「人間になりたい」という夢を持っているので、そういう意味でも人間にかなり寄り添った立ち位置だと思っています。

──ピーノは記憶を失っていることもあってまだまだ謎が多いキャラクターですが、まだ表に出ていないバックボーンなどは聞かれていたりするのでしょうか。

井澤:私たちも原作以上の情報は特にいただいていないので、毎回原作を読んではなるほどと思っています。

──そこは私たちと同じ目線なんですね。最初に原作を読まれた際のイメージは如何でしたか。個人的な感想になるんですけど、SF作品ですが『オズの魔法使い』のようなお話だなと感じています。

井澤:確かに、『オズの魔法使い』のような部分もありますね。私は“すごろく”みたいだと思っています。星に行ってミッションをこなして、次の星に向かう、そうやってゴールを目指す。真島先生がゲームを好きなのもあると思うんですけど、ゲームっぽさはありますよね。

──確かに。

井澤:あと、衣装チェンジが凄く多い作品だなと思いました。何々編みたいな感じでコスチュームが変わるのがオタク心をくすぐられるので楽しいです。

──そうですね、ビジュアル面でも楽しい作品です。

井澤:髪型も変わりますもんね。そうやってキャラクターがより魅力的になるようにどんどん調整されているのは良いなと思います。ピーノもどんどん等身が低くなって(笑)。

──デフォルメの速度も速いですよね。

井澤:オーディションに受かった時に「ピーノは等身どうなるんですか」ってスタッフさんに聞いたんです。オーディション資料の時は最初の登場シーンだったので高めだったんでけど、これから低くなっていくからどうすればいいんだろうと思っていたんです。

──そんなやりとりが(笑)。ちなみにスタッフさんはどう答えられたのですか。

井澤:「中間をとります」という事でした。

──放送も進んでいますが、真島先生とお話しされたことはあったのでしょうか。

井澤:コロナの影響もあって、今のところ直接お話しをということはないです。ただ、ピーノが出てくる回が放送された後に真島先生から直接「思っていた以上にピッタリでした」とメッセージをくださって嬉しかったです。

──最高の誉め言葉ですね。

井澤:お話ししたいことは沢山あるので、早く落ち着いてお会いできるのを楽しみにしてます。

080_03.png

このアーティストの関連記事

「EDENS ZERO」

真島ヒロ(著)  発行:講談社
第1巻~第16巻 発売中
第1巻~第14巻  価格: 450円+税
第15巻・第16巻 価格: 480円+税

amazonで購入

テレビアニメ「EDENS ZERO」Blu-ray&DVD第1巻 完全生産限定版

【収録話数】
第1話~第3話
【発売日】
2021年8月4日(水)
【価格】
Blu-ray:6,600円(税込)
DVD:5,500円(税込)

amazonで購入

LIVE INFOライブ情報

TVアニメ「EDENS ZERO」
 
「EDENS ZERO」第一弾キービジュアル.jpg
 
毎週土曜日24時55分より日本テレビ系ほかにて放送・配信中!
 
-Cast-
シキ:寺島拓篤
レベッカ:小松未可子
ハッピー:釘宮理恵
ワイズ:手塚ヒロミチ
ピーノ:井澤詩織
ホムラ:青木志貴
エルシー:大原さやか
ジギー:大塚芳忠
マザー:井上喜久子 ほか
 
-staff-
原作:真島ヒロ(講談社「週刊少年マガジン」連載)
総監督:石平信司
監督:鈴木勇士
シリーズ構成:広田光毅
アニメーションキャラクターデザイン:迫由里香
サブキャラクターデザイン:菊池隼也
美術監督:魏斯曼(スタジオちゅーりっぷ)
色彩設計:伊藤由紀子
撮影監督:廣瀬唯希
編集:後藤 正浩(REAL-T)
音響監督:はたしょう二
音響制作:マジックカプセル
音楽制作:日本テレビ音楽
アニメーション制作:J.C.STAFF
製作:講談社・日本テレビ
 
6th
ロフトチャンネル
下北沢シェルター30周年
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻