Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】おとぎ話(2007年9月号)- 高校生の時に夢中で聴いていた音楽を目指した作品『SALE!』

高校生の時に夢中で聴いていた音楽を目指した作品『SALE!』

2007.09.01

良いメンバーだなぁとシミジミ思います

──おとぎ話にとって今後の課題は何だと思いますか?

有馬:
もっとたくさんの人に届くような曲を作りたいし、自分がもっと夢中になれるような曲を作りたいですね。生きている間はライブが出来るんだから、ライブでそんな曲を歌い続けられたらなぁと思います。

──最近のライブでは心境に変化などはありましたか?

有馬:正直、ライブは最近まで迷いがあったんです。どういう風にライブをやっていいのか分からなかったんですね。でも何かのキッカケで吹っ切れたんですよ。

──どんなキッカケだったんですか?

有馬:身辺整理をしてみたんです。自分の部屋の要らないものを捨ててみて、「本当に欲しい物は何か?」って問いかけて一旦シンプルな気持ちに立ち返った感じですね。そしたらライブハウスでの演奏中に、「このメンバーでしっかり演奏して、自分のうたをしっかり歌うことだけが大事なんだ」って素直に思えたんです。他人には左右されないでいいんだって。それ以来、ライブは楽しくてしょうがない感じが続いています。

──頼もしい限りです(笑)。全国ツアーも始まりますしね。

有馬:アルバムを手に取ってくれた人は必ずライブに来たくなるはずだし、最高のステージを見せたいと思います。九州などは初めて行くので楽しみですね。お客さんが一人でも本気で歌いたいと思います。

──そしてツアー後の11月には下北沢CLUB QUEで初のワンマンライブも控えてますね。

有馬:あまり焦らないで、良い意味で普通に演奏したいと思います。僕のうたをおとぎ話の4人でシッカリと演奏できたら、それが最高のステージなると思います。正直、メンバーにはアタマが上がらないですよ。自分の曲を輝かせてくれて、泣けるくらいありがたいです。良いメンバーだなぁとシミジミ思います。

──直接メンバーに感謝の言葉は言わないんですか?

有馬:言いますよ。前越君だけには。

──ははは(笑)。他のメンバーには言いたくないんですか?

有馬:
他のメンバーにはあんまり言いたくないです(笑)。

──本当は仲が悪いんですか?

有馬:そうですね~、牛尾君はいろんな意味で悪いヤツですね(笑)。

──そうなんですか?

有馬:みなさん気をつけてください(笑)。いやいやそんなことないですよ、ウソです(笑)。実際、今回のアルバムに関しては大活躍してくれましたし、ギタリストとして文句なしに信用してます。自分が作った曲に最高の表情をつけてくれる最高のギタリストです。

──なるほど。前越君との関係はどうですか?

有馬:前のドラムがやめた時にかけつけてくれたり、作ってきた曲をちゃんと評価してくれたり、自分が持っている感動をさらに掛け算で大きくしてくれるのが前越君なんですよ。精神的な部分で後押しをしてくれるバンドの精神的な支柱なんです。

──風間君との関係はどうですか?

有馬:
あいつの場合は、腐れ縁というか、ただそこにいてくれればいいんです(笑)。空気清浄機みたいなものです。

──ははは(笑)。ひどい扱いですね。

有馬:でも、あいつがいなければ空気が淀んでしまうんですよ(笑)。

他のメンバーからも『SALE!』への思いが届きました!

このアルバムの11曲には、おとぎ話4人それぞれの今まで聴いてきた音楽、好きな音楽、それが1曲1曲に散りばめられています。4人の好きな音楽はバラバラですが、それを1つの曲の為に各々が押したり引いたり飛んだり潜ったりコネたりコネくりまわしたり吸ったり吸われたり、そんなこんなの結果で、1つの曲が生まれるわけです。4人が1つの曲の為に暗黙の了解のもとに突き進んでいくような感じか、もしかすると曲に導かれて演奏しているのか、バンドというのはそういうものだと思います。当たり前のことですが、曲と歌が大事なんです。
まだアルバムを聴いてない(大多数!の)方には、どこかで聴いてもらいたいです。最初の3曲まで聴いてみてください。余裕があれば4曲目まで。あ、次も聴いちゃおっかな~。こんな曲もあるんだ~。え、なんか渋いかも~。えー、あ、なんかヤバ~イ。買っちゃおー! このアルバムが1人でも多くの人に聴かれると嬉しいです。ホントに。(牛尾健太)

おれはこのアルバムを聴いて、何度有馬と牛尾と前ちゃんのことを考えたことか分からない。
おとぎ話『SALE!』は4人のかけがえのない奇跡の結晶が封じ込められています。有馬と出会った7年前。牛尾と出会った5年前。前ちゃんが入った2年前。幾歳月ものおとぎ話の作り上げた時間と空間の結晶が、溢れんばかりの熱と共に込められています。忘れられない少年時代の為にも、未だ見ぬ瞬間の為にも、おとぎ話からの沢山の笑顔と幸せが伝わりますように!(風間洋隆)

有馬がボーイズドントクライという曲を書いてきた。初めてスタジオで聴いた時、何だかクスクスした。この感じ、あんたらがずっと待ち焦がれていたであろうこの感じ。一緒にクスクスしよう! ほなまた♥(前越啓輔)

このアーティストの関連記事

SALE!

UKFT-002 / 2,100yen(tax in)

amazonで購入

6th
ロフトチャンネル
下北沢シェルター30周年
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻