Rooftop ルーフトップ

INTERVIEW

トップインタビュー【復刻インタビュー】HARISS(2007年9月号)- この二枚で『POP SAVE US』が完成した感じですよ

この二枚で『POP SAVE US』が完成した感じですよ

2007.09.01

どんな形の楽曲でもHARISSっていうものが表現できる

──歌詞に関して、前作では「楽しくなければ意味がない」というようなことを言っていましたが、今回は必ずしもそれ一辺倒ではない歌詞ですよね。

AKIRA:歌詞に関しても、まだすごい模索しているような感じなんですけどね。今回はオリジナルに関しては全部日本語なんですよ。英詩で書いてた曲もあったんですけど、実際レコーディングで歌ってたらなんか違和感があって、次の日に「歌い直させてください!」って、日本語を交ぜた詞にしたらすごいよくなったんですよね。だから詞に関しても手応えがありましたね。前作は楽しいとか、ちょっとおバカだったりとかっていう歌詞が中心だったんですけど、こういう作り方で、もっともっと幅広く出来る可能性って言うのを感じたんで。

──歌詞を作る上で、言葉の持つ「音」って言うのは重視してるんですか。ボーカルといえども楽器だ、みたいな。

AKIRA:そうですね。最初の段階では適当英語で作るんですよ。自分の中ではその適当英語のリズムが結構心地よかったんですけど、今まではそれを全部ぶっ壊して日本語をのせてたんで、最初の気持ちよさが薄れちゃってるんじゃないかと思ってて。今回は、最初の適当英語のリズムみたいなものを壊さずに、その音に近い言葉をはめていくっていう作業をしましたね。曲のメロディーだけでもメッセージっていうのは伝わると思うんで、それを崩さずに、もっと想像させたり出来る歌詞を作れればいいなと思ってますね。

SEIJI:まあ歌詞もサウンドも、今回でめでたく皮がむけて大人になりましたよ。

TAKAHASHI:(笑)本当に一皮むけた感はあるよね。

──これで「第一期HARISS完成」みたいな感じですかね。

SEIJI:そうですね、そんな感じはちょっとしてますね。

TAKAHASHI:今回で、どんな形の楽曲でもHARISSっていうものが表現できるのかなっていう手応えは得られたんで、これからの曲作りはもっと幅広くなっていくと思いますよ。ポップな曲はもっとポップになっていくだろうし、激しい8ビートの曲があったらさらに激しくなっていくだろうし。

AKIRA:これでHARISSの原型が完成したと思うんですよ。だから、これからグワーッてもっと枝が伸びて葉っぱが生えて、実がなって落ちるみたいな……。

SEIJI:落ちちゃダメでしょ(笑)。

AKIRA:落ちてまた生えてくるっていうね(笑)、でもそういう原型みたいなものは作れたと思いますよ。HARISSって、こういう形態でこういう音楽だから、始めた頃はすごい模索してたし、オリジナルを作るのにも時間かかってたんだけど、今回で原型が作れたから次からもっと楽になるんじゃないかと。レコーディングの苦しみも味わったしね。これからはもっと違う形でやれると思いますよ。

──自分たち的にもHARISSっていうバンドが明確に認識できたということですか。

SEIJI:「HARISSってどんなバンド?」って聞かれたら、今までは『POP SAVE US』を渡さざるを得なかったんだけど、これからは『NEW WORLD』を渡せますね。多分『NEW WORLD』を渡した方が、もっとわかってもらえるんじゃないかと。

AKIRA:だから今のタイミングでこれが出せるっていうのはすごい重要だったし、意味のあることだったと思いますよ。これを出さないまま来年っていうのはちょっとキツかったな。

──辛かったけど半年で出して良かったと。

AKIRA:そうですね。

TAKAHASHI:しかも過程はともかく、自信を持って出せる物が出来てよかったですよね。

──それじゃ最後に、今後の展望とかありましたら教えてください。

TAKAHASHI:まずはこのアルバムを出して普及活動をして、11月には初のワンマンツアーがあるんで、それを乗り越えてまた次のステップに行きたいなとは思ってますね。

AKIRA:前回の『POP SAVE US』は、今までライブを観ていた人にこういうのが出来ましたっていう感じだったんですけど、今回はこれを聴いて初めてライブに来る人とかもいると思うんで、是非ツアーは観に来て欲しいですね。

YUJI:ツアー出て、どんな人が観に来てくれるのかっていうのは楽しみですね。きっと今までとはまた違う人も観に来てくれると思うし、新しい出会いがあれば面白いですよね。

SEIJI:あとは自分の作った作品を聴きながらイメージをしていってツアーに出ると思うんで、客と出る側とで火花を散らせるようなライブをやりたいと思いますね。ゆるくない部分で楽しんで出来ればいいなと。

TAKAHASHI:自分たち自身も、このニューアルバムの曲をどう表現していくのかって楽しみにしてますよ。前作はライブでやっていた曲を入れたアルバムだったんだけど、今回はそうじゃない曲も入ってるから、スタジオで作った曲をライブでどう表現していくのか、HARISSとしては初めての試みにトライできるっていうのはやりがいもあるし、楽しみですね。

このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
下北沢シェルター30周年
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻