Rooftop ルーフトップ

REVIEW

トップレビュー怒髪天 / オトナマイト・ダンディー

怒髪天 / オトナマイト・ダンディー

2010.03.01   MUSIC | CD

TECI-1277 2,800yen (tax in) / 3.03 IN STORES

前作『プロレタリアン・ラリアット』から僅か1年弱で世に放たれる怒髪天のオリジナル・フル・アルバム。先行シングル『オトナノススメ/武蔵野流星号』と『ド真ん中節』を基軸に、いつものようにヴァラエティに富むにも程がある多彩な楽曲が厳選されている。ただし、今回は従来のバンドのイメージや持ち味を一度蚊帳の外に置き、上原子友康が潤沢に用意した楽曲の中からトライアルに値すべきものを抽出するというこれまでとは一風変わった選曲方法がなされている。その結果、三連ノリとハード・ロックが融合した『ヤケっぱち数え歌』、憂いの響きに満ちたネオアコ風ナンバー『俺ときどき…』、人力テクノのニュアンスもある『ふわふわ』、ボ・ディドリーを彷彿とさせるジャングル・ビートを根幹とした『アフター5ジャングル』、軽快なカントリー・テイストの『我が逃走』といった意欲作がいつになく多く収録されている。中でも、80年代のポップ・フレイヴァーが充満した軽妙なアレンジに旧友との固い友情の絆という怒髪天の十八番的歌詞が乗った『オレとオマエ』は、バンド本来の持ち味を保ちながらも新たな一面を提示している好例と言えるだろう。この在り方なら古参のファンはもとより、近年増殖する一方の新規ファンに対しても幅広くアピールできる。無論バンドはそこまで戦略的に考えているはずもなく、ただ純粋にいい歌を届けたい一心で日々切磋琢磨しているに違いないが。押しつけがましさがまるでない、しなやかで野太い大傑作。(Rooftop編集長:椎名宗之)

このアーティストの関連記事

CATEGORYカテゴリー

TAGタグ

ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻