Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュース葛谷葉子、本格的再始動となる1年ぶりの新曲「Tokyo Tower」がデジタルシングルとして9月9日配信開始! ミュージックビデオも同時公開

葛谷葉子、本格的再始動となる1年ぶりの新曲「Tokyo Tower」がデジタルシングルとして9月9日配信開始! ミュージックビデオも同時公開

2022.09.09

TokyoTower_single_JK.jpg

Licensed by TOKYO TOWER

昨年9月に14年ぶりの新曲2曲「midnight drivin'」「Honey」を発表して話題となったシンガーソングライター・葛谷葉子。
約1年ぶりとなる新曲「Tokyo Tower」は、デジタルシングルとして配信。持ち前のR&Bテイスト+現行のCITY POPにもマッチした<ドライヴ・ミュージック>が完成した。
 
葛谷葉子は、1999年に松尾潔のプロデュースによりデビューしたシンガーソングライター。耳の肥えたリスナーの支持を集める傍ら、CHEMISTRY、倖田來未、中島美嘉らに楽曲を提供する作家活動も行ない、2007年にはBoA「Love Letter」(作曲)で日本レコード大賞金賞を受賞。近年は作家活動に専念していたが、昨年11年ぶりに新曲2曲入りのニュー・ベストアルバムをリリースし、自身の活動を再開した。
 
そして、約1年ぶりとなる新曲「Tokyo Tower」が9月9日よりデジタルシングルとして配信がスタート、同時にミュージックビデオもYouTubeで公開された。
作詞・作曲は葛谷葉子、編曲にはフィロソフィーのダンス、東京女子流、SAWA、寺嶋由芙、杉山清貴などへの楽曲提供でも注目を集めている若手作編曲家の宮野弦士を起用。
ジャケット、およびミュージックビデオ制作は、昨年リリースのベストアルバム『MIDNIGHT DRIVIN'-KUZUYA YOKO MUSIC GREETINGS 1999~2021-』で起用して評判となった新進イレストレーターのmateppeが再び手掛けている。このアートワークには、葛谷のこだわりが詰まっている。描かれている女性は約20年前の葛谷自身をイメージ、洋服もアイテムもかつての自分が身に着けていた実物を見せて、描いてほしい女性像を明確に伝えて作られたという。
 
葛谷葉子がこの曲に込めた想いを綴ったコメントが届いた。

葛谷葉子コメント

この曲は20代前半に作ったもので、当時の世界観を崩したくなくて、敢えてデモに入っていた歌詞の多くを残しました。日常のふとした瞬間に、全力でした昔の恋がフラッシュバックしたような、あるいは昔の恋が時を超えて今に蘇ったような、そんなノスタルジーと今が混ざり合ったこの楽曲の世界に浸っていただけたら…。
 
「東京タワー」というワードがリフレインされクセになるサビ、恋する気持ちと切なさが募る歌詞、全編にキラキラしたアレンジが施されたサウンド、そして葛谷独特の吐息交じりのような繊細なボーカル。持ち前のR&Bテイストと、世界的トレンドとなっているCITY POPのフレーバーも絶妙に取り入れられた<ドライヴ・ミュージック>が誕生した。
 
配信開始日の9月9日夜19:00にはTikTokにMVが投稿され、9月12日週のTBSラジオ推薦曲に決定している「Tokyo Tower」。
CITY POPのムーブメントもさることながら、図らずも“Y2K”がビッグトレンドとなっている昨今、そんな気分にもピッタリな一曲となっている。90年代〜00年代の当時を知る世代も知らない若い世代も、ラジオからSNSから発信されるこの曲を、それぞれに楽しんでいただきたい。
 

商品情報

Tokyo Tower

2022年9月9日(金)配信リリース
作詞・作曲:葛谷葉子 編曲:宮野弦士
発売元:ソニー・ミュージックレーベルズ
Licensed by TOKYO TOWER

関連リンク

このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻