Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュースゴンドウトモヒコのソロ作品集を毎月リリース! 第1弾『A Song without Words vol.1』は6月5日配信!

ゴンドウトモヒコのソロ作品集を毎月リリース! 第1弾『A Song without Words vol.1』は6月5日配信!

2022.06.01

ゴンドウトモヒコA写2022.jpg

ゴンドウトモヒコが、記録と再生をテーマに6月から毎月、ソロ作品を集めたアルバムをリリース。第1弾は6月5日(日)に配信リリースされる『A Song without Words vol.1』。
毎月リリースを予定されている作品集は、ゴンドウトモヒコというアーティストの過去の膨大な記録をただ再生するのではなく、現代の息吹を吹き込み生き返らせることがテーマ。ゴンドウの宅録時代から現在における膨大な未発表レコーディング楽曲、そして現在進行系で制作している新たな曲から厳選。それらをベースにレストア、アップデートに新録を加えリリースしていく。
 
ゴンドウトモヒコはanonymass、PUPA、METAFIVE、蓮沼執太フィルのメンバーとして、Yellow Magic Orchestraや、高橋幸宏、UA、CHARA、玉置浩二、吉澤嘉代子のサポート・メンバーとして活動するミュージシャン。また、NHK教育テレビ『ムジカ・ピッコリーノ』では音楽監督として番組音楽を制作、様々なアーティストの音楽プロデューサーも手掛ける。電子音楽のみならずユーフォニアム、フリューゲルホルン奏者でもあるマルチ・プレイヤー。
 

ASWW01_Jacket400.jpg

2012年発表のソロ・アルバム『Euphobia』では実験性の高いアンビエント音楽、METAFIVEの『Gravetrippin'』では疾走感のあるエレクトロ・ポップ、Gondo’s Carol Brass Ensembleでは管楽器によるクラシック音楽と、多種多様な音楽を発信し続けてきた。
ソロ作品集リリース企画は、これまでにゴンドウが残してきた膨大な作品群から、ジャンルに捉われず、テーマを決めて毎月配信リリースを行なうもの。第1弾となる『A Song without Words vol.1』はユーフォニアム、フリューゲルホーン等の管楽器とエレクトロニクスが溶け合って昇華した作品を集めた。以降、毎月頭の大安日に順次、リリースを予定している。

商品情報

A Song without Words vol.1

配信日:2022年6月5日(日)
価格:1,375円(税込)
※配信サイトによって価格が異なる場合があります。
配信サイト:iTunes, Apple Music, Amazon Music, Spotify ほか

【収録曲】
01. Secret Notation
02. Divine Inspiration
03. We Begin
04. Muted Expectation
05. The Libra
06. Phonico rattling movement
07. S-plush Doll
08. Arpatoronica
09. Humbling my pride

関連リンク

このアーティストの関連記事
ロフトチャンネル
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻