Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュースいい風呂の日(11/26)! 銭湯テーマの織物ブランド「IIYU TEXTILE」オリジナルソング"be with 湯"MVが公開!

いい風呂の日(11/26)! 銭湯テーマの織物ブランド「IIYU TEXTILE」オリジナルソング"be with 湯"MVが公開!

2021.11.26

unnamed-2.jpg

「1000年以上続く織物の魅力を『商品』だけでなく、 楽曲や映像からも楽しんでいただきたい」という思いからOkada&RyoによるIIYU TEXTILEのオリジナルソング「be with 湯」のミュージックビデオが完成。
 
IIYU TEXTILEとは、 老舗織物メーカーの光織物有限会社(山梨県富士吉田市)と富士吉田市地域おこし協力隊である片岡美央によるファクトリーブランドで「富士山の麓には銭湯がある」をテーマに、 織物グッズを展開しているブランド。 この動画は、 産地の織物工場が作るファクトリーブランドの魅力を知り、 楽しみながらオンラインで買い物ができる産地初のポータルサイト「ハタオリマチ商店街(山梨県絹人繊織物工業組合)」に掲載することを目的に制作された。 
 


 

映像を企画・制作したのは、 ハタオリマチのハタ印を企画運営する株式会社トリッキー。 「日本の湯がある景色を残したい」という思いから、 関東近辺の様々な銭湯で撮影を行なった。 撮影のメインロケーションであった八王子の銭湯は、 店主の高齢化と設備の老朽化を理由に今年9月に急遽閉店。 66年に渡る銭湯の歴史に幕を閉じた。
 
テキスタイルデザイナーでありOkada&Ryoのボーカリストとして「be with 湯」を作詞した片岡美央は、 織物ブランドから着想した楽曲とミュージックビデオ化について「ブランドとしてイメージにとらわれないアプローチをしてもいいんだなって、 違う視点からブランドを見直すことが出来ました。 銭湯の撮影はすごく楽しかったし、 想像していた以上にクオリティの高い映像作品に仕上がったので、 たくさんの人に見ていただきたいです。 」とコメント。 映像はYou Tubeの他、 イベントで流れる予定。 
 
unnamed-1.jpg
 
IIYU TEXTILE POP UP SHOP
2021年11月22日(月)~12月3日(金) 東急ハンズ名古屋店
2021年12月1日(水)~12月25日(土) 東急ハンズ新宿店
 
IIYU TEXTILE MVが掲載されている「ハタオリマチ商店街」は、 おうちにいながら、 まるで産地のファクトリーショップを訪れているかのように、 郡内織物の魅力を動画等で体感してお買い求めいただける、 産地とお客様を直接つなぐD2Cを推進する、 山梨県絹人繊織物工業組合による取り組み。 コロナ禍により、 観光や旅行にからめた工場見学やファクトリーショップ訪問がままならない厳しい状況を迎える中で、 消費者に郡内織物の魅力をリモートでも分かりやすく伝えるために誕生。 「ハタオリマチ商店街」では、 各ファクトリーブランドのECショップを網羅しているほか、 ふるさと納税返礼品ページ等を閲覧することができる。 
 
山梨県郡内織物産地(富士吉田市・西桂町・都留市・大月市)は、 1,000年以上の歴史を持つ織物産地。 絹織物「甲斐絹」をルーツとして、 ネクタイ生地、 インテリア生地、 裏地、 傘地、 ストール、 服地、 インテリア生地、 どのスペシャリストが生まれている織物産地。 従来はOEMを中心とする産地だったが、 近年は多数のファクトリーブランドが誕生。 1,000年続く織物産地を次の世代に繋ぐべく、 100年先を見据えたプロジェクト「ハタオリマチのハタ印」が2016年に始動し、 毎月第3土曜日にはファクトリーショップOPENの取り組みを実施するなど、 工場から消費者へ直接つながるD2Cの動きが活発になっている。 現在も、 産地企業と山梨県絹人繊織物工業組合、 富士吉田商工会議所、 地元自治体が一丸となり、 各団体が協力し合いながら様々なヒトが行き交いモノやコトが生まれる企画をするを遂行。
 
unnamed.jpg
 
ハタオリマチ商店街掲載一覧
有限会社羽田忠織物、 有限会社渡小織物、 宮下織物株式会社、 山崎織物株式会社、 有限会社田辺織物、 株式会社槙田商店、 ツタキ織物、 舟久保織物、 光織物有限会社、 有限会社テンジン、 武藤株式会社、 株式会社前田源商店、 株式会社甲斐絹座、 富士吉田織物協同組合
 
このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
下北沢シェルター30周年
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻