Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュースジャスティン・ビーバー、初の仮想空間"メタバース"におけるインタラクティヴ・ライヴを開催!

ジャスティン・ビーバー、初の仮想空間"メタバース"におけるインタラクティヴ・ライヴを開催!

2021.11.25

125291_An Interactive Virtual Experience①.png
エンタテインメント企業エイベックス・グループの米国支社であるAvex USA Inc.(以下、Avex USA)の出資先で、バーチャルコンサート事業を手掛ける「WaveXR(ウェーヴ・エックスアール)」(以下、「Wave」)は、日本時間の2021年11月19日(金)に、世界的スーパースターであるジャスティン・ビーバー初の仮想空間“メタバース”におけるライヴ「Justin Bieber - An Interactive Virtual Experience.」を開催した。
 
「Wave」は、アーティストが仮想空間“メタバース”にデジタルアバターの姿で登場し、ライヴを開催することができるバーチャルコンサートプラットフォーム。今回のバーチャルコンサートでは、ジャスティン・ビーバーがデジタルアバターとなり、最新アルバム「Justice」の楽曲を披露した。ファンは、ジャスティン・ビーバーの想像力が表現されたイマーシヴな空間で、音楽のライヴパフォーマンスや、アーティストとのインタラクティヴなやり取り、リアルタイムのモーションキャプチャーなど、リアルのコンサートにはない仮想空間特有のコンサートを体験した。
 
 
登場シーンでは、ジャスティン・ビーバーのアバターが仮想空間の街中でクラシックカーの上に乗って登場。街中のシーンは、その後ジャスティン・ビーバーが歌うそれぞれの曲に合わせながら、草原や海辺など美しい様々な空間に移り変わっていった。コンサートの途中では、ジャスティン・ビーバーとファンとの間の会話に加えて、ファンがチャットを通してインタラクティヴに応援することで、光のパワーをジャスティン・ビーバーに送るという、バーチャルコンサートならではのイベントも。また、バーチャルでありながら、無数のファンの応援映像が画面上に映し出されるなど、メタバースの要素満載のコンサートとなった。
 
今回の「Wave」によるバーチャルコンサートでは、Avex USAの契約作家である「Harv」が作曲したジャスティン・ビーバーの楽曲が使用されるなど、グローバルスケールで音楽事業と音楽テックのシナジーが発生している。なお、Avex USAは、「Wave」が過去に行ったスウェーデンのDJデュオ「ギャランティス」によるバーチャルコンサートの日本向け再配信、アメリカのアーティスト「ティナーシェ」によるバーチャルコンサートを「Avex House」からグローバル配信するなど、これまでにもWaveとコラボレーションを行っている。
 
125291_An Interactive Virtual Experience②.png
 
【WaveXR CEO Adam Arrigoコメント】
ジャスティン・ビーバーは、世界最大のアーティストであると同時に、最もイノベーティブなアーティストの一人でもあります。このパートナーシップにより、彼と彼のファンに対して、仮想空間における無限の可能性を提供することができると思います。2022年のツアーに先立って、Waveのテクノロジーとジャスティン・ビーバーのクリエイティビティを組み合わせることで、ユニークでインタラクティヴな体験を生み出すことができました。今後は、バーチャル空間という場所が、ライヴツアーで巡る開催地の一つとなり、現地のコンサートに来れないファンが参加できる、または新しい音楽ライヴの体験をしたいというオーディエンスが参加することで、アーティストが新たなファンと繋がっていくことができます。ジャスティンは、アーティストのそのような新しい道を切り開く先駆者であると思っています。
 
【「Justin Bieber - An Interactive Virtual Experience.」開催概要】
開催日時:(※日本時間)
2021年11月19日(金)11:00~
2021年11月21日(日)13:00〜(再配信)
2021年11月22日(月)4:00〜(再配信)
このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
下北沢シェルター30周年
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻