Rooftop ルーフトップ

NEWS

トップニュースビリー・アイリッシュ、最先端のXR技術を駆使した自身初のバーチャル・コンサート「WHERE DO WE GO? オンラインライブ」の詳細を発表!

ビリー・アイリッシュ、最先端のXR技術を駆使した自身初のバーチャル・コンサート「WHERE DO WE GO? オンラインライブ」の詳細を発表!

2020.10.21

 
                          2 pc Kenneth Cappello.jpg                          1 pc Kenneth Cappello.jpg
photo:Kenneth Cappello
 
ビリー・アイリッシュが、近日予定されている「WHERE DO WE GO? オンラインライブ」についての詳細を明らかにした。同ライブは、ビリーの地元である米ロサンゼルスから日本時間10月25日午前7時にライブ中継され、チケット購入者であれば24時間視聴アクセスすることができる。
 
今年1月に開催された「第62回グラミー賞」で、史上最年少18歳で主要4部門に加えて合計5部門を受賞し、今や時代を象徴する存在として世界中を席巻しているビリー・アイリッシュ。このスーパースターが行う自身初のオンラインライブでは、参加者が自宅にいながらもビリーの世界に没入できるよう、複数のカメラ、アングル、3D技術を用いた最先端のXR技術が駆使されている。ビリーはフルセットのライブを披露する予定で、世界中にいるビリー・アイリッシュのファンが、リアルタイムでビリーのライブを視聴する"一生に一度"かもしれない貴重な体験になる。
 
さらに、ライブの1時間前となる日本時間10月25日午前6時から、PRE SHOWの開催も発表。ここでは、R・J・カトラー監督による待望の最新作で、来年2月にApple TV+での公開予定のドキュメンタリー『Billie Eilish: The World's A Little Blurry (ビリー・アイリッシュ:世界は少しぼやけている)』の未公開映像が解禁される予定だ。また、スペシャルゲストの出演が予定されている他、イベント・パートナーである、Beats、Blohsh、Crew Nation、Fender®、Gucci、Live Nation、Postmates、Support + Feed、Verizonといったパートナーからのプレゼントやコンテスト、独占コンテンツの配信が予定されている。ビリー・アイリッシュはさらなる追加情報について、彼女のSNSで発信していく。
 
同ライブの開催に協力した「Moment Factory(2020年のWHERE DO WE GO? ワールド・アリーナ・ツアーのプロデュースを担当)」とビリーは、何カ月もかけてこの準備を進めてきた。「WHERE DO WE GO? オンラインライブ」は、今年の開催が延期となったアリーナツアーからインスピレーションを得ており、ファンにとっても一生に一度の体験となる同ライブでは、事前に選ばれた500名のファンが、ショーを通してビリーとリアルタイムでバーチャルの交流ができるなど、これまで見たことのない、新しくエキサイティングな要素も盛り込まれている。
 
ビリーは兄のフィニアスと、長年一緒にツアーを周っているドラマーのアンドリュー・マーシャルと共にパフォーマンスを行う。LEDを搭載した30m x 7.3mの360度スクリーンで囲まれた18m x 7.3mのステージで、3D映像を融合させたリアルタイムのライブ配信を行うらしい。
 

チケットのお求めはこちらから

unnamed.jpg
 
「WHERE DO WE GO? オンラインライブ」の特設サイト (海外)
 
同サイトの和訳をビリー・アイリッシュ日本公式HPで掲載中!
 
同サイト上では、公演当日まで、チケットをお持ちの方全員を対象に、ビリー・アイリッシュの限定グッズを販売中。この売上の一部は、新型コロナウイルスで被害にあったイベントやコンサート、ライブツアーの裏方スタッフを経済支援する世界規模の基金「クルー・ネイション」(Crew Nation)に寄付される。ビリー・アイリッシュの日本公演が新型コロナウイルスの影響で延期になった今、ぜひグローバルオンラインライブで楽しんでいただきたい。
 
※チケットやグッズの購入および購入後の各種対応に関しては、「Maestro」とお客様ご自身によりご手配・ご対応をいただくこととなりますので、当社では一切の責任は負いかねます。
※「Maestro」への問い合わせは、support@maestro.io にメールをお送りください。
※コンサート視聴の際のインターネット接続料および通信費は、お客様ご自身のご負担となります。
※本イベントは予告なく内容の変更もしくは中止となる可能性があります。予めご了承くださいませ。
 
 

関連リンク

このアーティストの関連記事
6th
ロフトチャンネル
下北沢シェルター30周年
ロフトオリジナルコーヒー
どうぶつ
休刊のおしらせ
ロフトアーカイブス
復刻